海外生活お役立ち

アメリカの固定シャワーヘッドをホース式に交換し水圧を強める方法

アメリカのシャワーヘッド

こんにちは、ニューヨークの片隅で駐妻をしているミイです。

コロナで自宅待機が続く中、最近の私の楽しみは、子供が寝た後にのんびりお風呂に入ることです。

といっても、アメリカのバスルームって、シャワーは高い位置に固定されていて手で持てないし、水圧は弱くてなかなかシャンプーの泡が落ちないし、あんまり良いことがないですよね・・・。

しかし、そんな不便なアメリカのシャワーも、ちょっと手を加えるだけで劇的に便利に快適になります。

ということで、この記事では、アメリカのシャワーヘッドを固定から手で持てるハンディータイプに交換し、さらに水圧も強める方法をご紹介します。

アメリカのシャワーヘッドを固定からホース式に交換する方法

もう5年以上前の話ですが、私が日本からアメリカに引っ越す時、家探しの絶対条件が、

「シャワーが固定ではなくホース式なこと!」

でした。

しかし10件以上の一軒家やアパートを見ても、ホース式のシャワーヘッドがある家はひとつもなく、

「アメリカって、なんて不便なんだ・・・」

軽く絶望したことを覚えています(笑)。

しかし、住み始めて数日後に、夫がホース式のシャワーヘッドをAmazonで見つけてくれて、

「これに付け替えたら良いんじゃない?」

ということであっさり解決!

こちらのシャワーホースを購入し、2015年から5年以上使っていますが、未だに便利に使えています。

交換の仕方は簡単で、固定されているホースをくるくる回して取り外し、代わりにホース式の新しいシャワーヘッドを取り付けるだけ。

業者を呼ばなくても、自分で簡単にできます。

ただし、クルクルと回して取り付けるだけだと、隙間からお湯が漏れてきてしまうので、別売りの「thread seal tape」というものを買って、ジョイント部分に巻きつけて置くと良いです。

テープを使わなくてもちょろちょろとしか漏れませんが、テープで水垂れを完全になくすことにより、水垢やカビを防ぎます。

また、シャワーの水圧を強く保つこともできます。


良いシャワーヘッドを選ぶコツ

上記のシャワーヘッドでなくても、Amazonで「shower head」と検索すると、多種多様な商品がわんさか出てきます。

その中で、私がなぜ上記の商品を選んだかというと、

  • シャワーの吹き出し面積が狭い(=水圧が強く保てる)
  • ツマミを調節することで、7種類の吹き出しモードに切り替え可能
  • そのうちの「shampoo rinsing spray」という吹き出しモードがとても優秀(真ん中の方の吹き出し口からしかお湯が出なくなり、水圧がさらに強くなる)

こんな感じです。

ツマミを使ってシャワーの吹き出し方を切り替えられるシャワーヘッドはたくさんあり、中にはミスト機能があるものなどもありますが、吹き出し面積と水圧の両方のバランスが取れたモードがあるシャワーはなかなかありません。

アメリカのシャワーヘッドの水圧を強める方法

面積狭めで水圧強めのシャワーヘッドを買っても、それでもシャワーから弱々しい水流しか出ない!!!という時は、大家さんかマンションの管理人に相談するのがオススメです。

私は個人ではなく管理会社が経営しているアパートに住んでいるのですが、そのヘルプデスクに相談したところ、

「メンテナンスの人に、水流を調節してもらいましょう」

と、メンテナンスのお兄さんを私の部屋に呼んでくれました。

その人がベランダにある水流の調整ツマミをひねって、

「こんな水圧(water pressure)でどう?」

と確認してくれるので、実際にシャワーを流しながら、

「もうちょっと強く(A little bit stronger, please)」

「このくらい?(Is it OK now?)」

「あ、これでバッチリです(Yes, perfect)」

なんて言って、私の好みの水圧に変えてもらいました。

同様に、水の温度がぬるすぎる場合も、もっと熱いお湯が出るように調整してもらえます。

(うちは、夏は良かったのですが冬場にぬるま湯しか出なくなり、調整してもらいました)

ただし、大家さん(管理会社)が水道代が負担するような賃貸契約を結んでいる場合は、水圧を強める=水道代が上がることになるので渋られるかもしれません。

アメリカのシャワーヘッドをホース式に交換して水圧を強める方法:まとめ

さて、ここまでで、

  • アメリカのシャワーヘッドを固定式からホース式に交換する方法
  • 良いシャワーヘッドの選び方
  • アメリカのシャワーの水圧を上げる奥の手

についてご紹介しました。

シャワーに限らず、日本からアメリカに引っ越してくると、どうしても日本と違って不便なことがたくさん出てきます。

しかし、中には意外にすんなり解決できてしまう問題もあるので、

「これ、嫌だな・・・」

と思うことがあれば、我慢しすぎずに

「なんとかならないかな?」

と、情報を探してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください