車の運転・購入

他州からニューヨーク州へ運転免許を切り替えるのに5時間かかった話

driving-road

こんにちは、去年秋にジョージア州からニューヨーク州に引っ越してきたミイです。

アメリカは州によって州法が違うので(なかば別の国のようなもの)、州またぎの引っ越しをしようとすると、やらなければならない面倒な手続きが沢山あります。

中でも1,2を争うくらい面倒臭いのが、「運転免許証の切り替え」と「車のナンバープレートの切り替え」。

ディズニー映画ZOOTOPIAでネタになるほど悪名高いDMV(Department of Motor Vehicles=アメリカの自動車関連のお役所のこと)に行って手続きをしなければならないので、長い間待ったり、理不尽な扱いを受けたりとイライラすること必至です。

今週ちょうど、夫と「運転免許の切り替え」をなんとかこなしてきたのですが、やっぱり次から次からトラブルに見舞われて大変だったので、同じように苦労している方へ少しでも参考になればと記事にしてみます。

  • 州またぎの引越しで免許の切り替えを予定している方
  • ニューヨークでの免許の切り替えに必要な書類を知りたい方
  • DMVで実際にどんな流れで免許切り替えするか知りたい方
  • アメリカ運転免許の切り替えで、起こりうるトラブルを知っておきたい方

このような方におすすめの記事となります。

ニューヨーク運転免許切り替えに必要な書類

まず、他州の運転免許をニューヨークの免許に切り替えるために必要な書類についてご説明します。

  • ソーシャルセキュリティーのカード
  • 日本のパスポート(ビザ付き)
  • I-94
  • 他州の運転免許証(取得して6ヶ月以上経ったもの)
  • ニューヨークでの住所が記載されたBank Statement(120日以内に発行されたもの。電子版を印刷したものでも可)
  • ニューヨークの住所が記載された携帯電話の請求書(1年以内に発行されたもの。電子版を印刷したものでも可)

上記5点の書類が必要です。I-94はアメリカのDHS(Department of Homeland Security=)のこのサイトから、ダウンロードできます。

I-94 Website Travel Records for U.S. Visitors

このページのGet most recent I-94という青いボタンをクリックして、必要事項を記入すると、自分の最新のI-94(アメリカ出入国歴)をダウンロードできます。

なお、携帯電話の請求書は、用意できない場合は下記の請求書でも代用可能です。

  • 家賃の請求書
  • 電気代の請求書
  • ゴミ処理代の請求書
  • 水道代の請求書

この情報は2020年1月時点のものですが、今後、アメリカDMVによって変更される可能性があります。

必要書類について最新の情報が知りたい方は、下記のDMVサイトで調べることができます。

New York DMV’s Document Guide

「あなたはアメリカ国民ですか?」などの質問の選択肢をどんどん選んでいくと、最後のページであなたに必要なドキュメントをリスト化してくれる便利なページです。


ニューヨークDMVの待ち時間

さて、必要書類を調べて、最寄りのDMVの場所や開いている時間も調べて、いざ出発!

・・・の前に、もし時間に余裕があるならやっていただきたいことがあります。

それは、DMVの予約です。

New York State DMV Online Reservation system

こちらのページで、予約することが可能なので、今すぐ緊急でニューヨークの免許が必要なわけではない方は、絶対に予約を取ってから行った方がいいです。

(我が家は、夫が突然「明日有給取れそうだから行く!」とか言い出したのでできませんでしたが・・・)

でないと、免許の切り替えのためだけに、DMVで何時間もひたすら待ち続ける羽目になります。

私は今回、予約なしでBethpageのDMVのオープン10分前(朝の8:20)に行ったのですが、すでに入り口からディズニーランドばりの行列ができており、到着早々かなり萎えました・・・。

しかもなんと、列の私のすぐ後ろの人がスパスパ煙草を吸い始め、

「こんな列じゃいつ中に入れるかわからないし、その間ずっとタバコの煙を我慢するのは無理!」

とうんざりして、思い切って別のDMVに行くことにしました。

その日、たまたまブルックリンに行く用事があったので、1時間半かけてブルックリンのDMVまで行ったのですが、これが半分失敗、半分正解でした。

結局ブルックリンのDMVに着いたのは10:00で、そこでも長い長い待ち時間を経て、切り替え完了するまで15:00までかかった(なんと5時間!)ので、半分失敗。

しかし、たまたま当たった窓口の職員の人がかなり親切だったので、半分正解でした。

トラブルが2つも起こり、運が悪ければ2,3回くらい出直さなければならなかったところを、親切な職員の人が例外対応してくれ、その日のうちに免許切り替えできたので、5時間かかりましたが(しかももともとのブルックリンの用事には間に合いませんでしたが)行った甲斐はありました。

しかし、そもそも予約していけば、そんなに待つこともDMVをはしごすることもないはずなので、予約は必須!!!くらいに思っておいてください。

DMVの予約は、名前と電話番号さえ入力すれば誰でもできるので、引越し前のまだ他州にいるうちに予約を取ってしまってもいいかもしれません。

ニューヨーク運転免許切り替えの手順

さて、この章では、ニューヨークのDMVで実際に運転免許を切り替えする手順についてお話しします。

まず、やることをざっと整理すると、こんな感じです。もしかしたら、行くDMVによっては多少順番が前後するかもしれません。

  1. 整理券を手にいれる
  2. 申し込み用紙に必要事項を記入
  3. 辛抱強く待つ(予約がなければ1時間くらい)
  4. 窓口に呼ばれて、写真を撮る
  5. ひたすら待つ(予約がなければ2時間くらい)
  6. 再び窓口に呼ばれて、必要書類を提出
  7. 視力検査をする
  8. お金を払う
  9. temporaryの免許発行。家に帰る
  10. 本当の免許が郵送されてくるのを待つ

私が行ったブルックリンのDMVは、開店してしばらく経っているのに入り口に長蛇の列ができており、

「げっ!」

と思いましたが、よくよく聞いてみると、その列は仮免のペーパーテストを受けるための列で、それ以外の人は並ばずにDMVに入ってOKとのことでした。

ということで、DMVの前に列ができていてもむやみに並ばず、まずその列がなんの列か並んでいる人に聞いたり、列を抜かしてDMVに入って行く人がいないか入口を観察したほうがいいです。

その他の注意点としては、

  • 申し込み用紙には、身長と目の色を書く欄があるが、既に持っている免許証を見て同じように書くこと
  • 予約をしていたとしても多少は待つので、時間を潰すための本などは必須
  • DMVに行く前にトイレは済ませておく(待合室の席が少ししかないので、途中でトイレに立つと席が取られてしまう)
  • メガネをかけている人は、写真撮影の時にメガネを外す
  • 当日発行されるtemporaryの免許はペラッペラの紙切れ

こんな感じです。

ニューヨーク運転免許切り替えで起こったトラブル

そんなこんなで、今回私と夫はニューヨークDMVでの免許の切り替えに5時間かかったわけですが、その内訳としては、

待ち時間3時間 + 手続き時間2時間

でした。本来なら手続きそのものにはそこまで時間はかからないのですが(長くても30分くらい)、私たちの場合、トラブルが2個も3個も併発したのでやたらと時間がかかりました。。。

取りたてホヤホヤの免許証だと切り替えできない

私と夫は別々の整理券を持ち、別々の窓口でそれぞれ手続きをしたのですが、まず私は最初の窓口で、

「あなたのジョージア州の免許、取り立てホヤホヤね。これだとニューヨークの免許には切り替えできないわ」

と言われて申請を却下されました(泣)。

そう、私のジョージア州の免許は引越し直前で期限切れとなったため、ジョージアで免許更新手続きをしてからニューヨークに来ていたのです。

ニューヨークの州法では、取得から6ヶ月以上経った免許証しかニューヨークのものに切り替えられないとうことで、

「いや、これは切り替えした2枚目の免許で、一枚目を取ったのは2年くらい前なんです!」

と交渉してみてもダメでした。

そこでめげずに、

「でも、ニューヨークで新しい車の保険に入りたいので、ニューヨークの免許証がすぐいるんですー!」

とごねてみましたが、

「ニューヨークはそういうところ厳しいから、例外対応してあげられないの。保険会社に事情を説明して、ニューヨークの免許なしで契約できないか交渉してみて」

と言われてしまいました。

しかし、そこですごすごと引き下がり、夫に

「ジョージアの免許証が新しすぎてだめだった・・・」

というと、なんと、

「え? でも、ニューヨークで免許を持っていた経歴がある人は、今の免許が取り立てホヤホヤでも切り替えできるって聞いたけど」

と言うではないですか!

私たちはジョージア州に住む前はニューヨークに住んでおり、当然ニューヨークでも運転免許証を持っていました。

そして、申し込み用紙にはニューヨークでの免許(失効済み)の番号を書く欄もあり、私はそこにわざわざ昔の番号を調べて記入していました。

「ちょっとさっきのお姉さん!! ちゃんと番号見てよ!!!」

と思いながら、同じ窓口に駆け込むと、なんとそのお姉さん、休憩に入ったのかすでに窓口にいませんでした・・・。

「え? これ、また最初から3時間並び直し?」

と思うと頭が真っ白になりましたが、なんでも夫が、

「俺がもう一度窓口で呼ばれる予定だから、そのときミイのも一緒にできないかお願いしよう」

と言うので一縷の希望にすがることにしました。

違反の罰金が未払いだと免許切り替えできない

さて、私の却下と並行して、夫は夫で、2つもの理由を食らって切り替え申請を却下されていました(笑)。

その1つが、

「ニューヨークで過去に起こした交通違反の罰金が未払いのままだと、他州から引っ越したときに免許切り替えできない」

というものです。

夫は昔スピード違反でニューヨークで捕まったことがあり、その罰金を私たちはずっと支払済みだと思っていたのですが、よくよく話を聞いてみると、

  • スピード違反の罰金(200ドルくらい)
  • 特に大幅にスピード違反した罰金(700ドルくらい)

の2種類の罰金が課せられていたのに、ひとつめしか支払えていなかったということでした。

もともと、この件は、何マイル違反したかという点で、夫と警察官の間で認識がずれており(警察官の虫の居所が悪く、不当に重いチケットを食らってしまった)、弁護士に裁判を依頼していました。

その弁護士に、

「判決出たよ!200ドルの罰金を払えばあとはお咎めなし!」

と言われたからその通り払ったのに、さらに追加の罰金があるなんて、ホントアメリカって適当な国ですよね。。。

そこで、

「じゃあ追加の罰金を払えば、免許の切り替えできますか?」

と聞いたところ、

「いや、もうひとつ不備があるから、今日は無理。でも罰金の支払いは今日できるよ。また新しい窓口で支払ってもらうから、ちょっと待ってて」

と言われたようです(そこに私が合流してきた)。

住所の証明書が使えない

夫の二つ目の却下理由は、

「住所の証明が不十分」

ということでした。

すでに前述した通り、ニューヨーク州の今の住所を証明するためには、

  • ニューヨークでの住所が記載されたBank Statement(120日以内に発行されたもの。電子版を印刷したものでも可)
  • ニューヨークの住所が記載された何らかの固定費の請求書(1年以内に発行されたもの。電子版を印刷したものでも可)

のうち、どれか2通が必要です。

でも、ジョージア州で免許取得する際は、

  • 自分宛てに送られてきた郵便物2通

で事足りるため(必要書類は州によって違う)、私たちはその感覚で、その辺にあったテキトウな郵便物を2通持ってきてしまっていたのでした。

幸い私は、たまたま電気代の請求書を持ってきており、難を逃れておりました。

どうやってトラブルを解決したか

さて、前章では、

  • 取得後6ヶ月以上の免許でないと切り替えできない
  • 未払いの違反金が残っていると切り替えできない
  • Bank Statementと固定費の請求書がないと切り替えできない

という3つの不備により、私も夫も免許の切り替えを却下されたことをお伝えしました。

しかし、いよいよここから、

「それでもなぜか切り替えできた超絶ミラクル」

についてお話ししたいと思います!(笑)

まず、夫が窓口に呼ばれ、先ほど度は違う職員の、細身の黒人のお兄ちゃんが担当してくれることになりました。

私たちは、長いアメリカ生活で、

「アメリカでは、担当者次第で窓口の対応が180度変わる」

ということを知っていますので、何食わぬ顔で

「あのー、ここで罰金を払えば免許を切り替えできるって聞いたんですけどー」

と切り出しました(ほんとは書類不備もあるからダメと言われた)。

そして罰金を払い、しれっと私が持ってきた電気代の請求書を見せました。

幸い、宛先が

Taro and Hanako Yamada

のように夫婦両方宛になっていたため、これ一枚で夫にも私にも使うことができました。

本当はもう一枚、Bank Statementなり請求書なりが必要なのですが、なんとそれは例外対応のためのフォーム(私の住所がここで間違いないと証明します!直筆サインするから許して!みたいな内容)を書けば必要ないとのこと。

出たよ!! これぞアメリカ!! ご都合主義!!!

調子に乗った私たちは、

「あのー、実は妻がジョージアの免許が新しすぎるって言って申請却下されたんですけど、ここにニューヨークの昔の免許の番号を記入してるんで、本当は通りますよね?」

と、ついでにお願いし、見事快諾を得ました!!

途中、その職員のお兄さんが、

「上司のサインが必要だから行ってくる」

とかいって何度か席を立ち、その度にヒヤリヒヤリとしましたが、何とか無事に免許を切り替えることができました。

そして、トラブルに次ぐトラブルが起こったおかげで、最初に窓口に呼ばれてから切り替えが完了するまで、なんだかんだで2時間かかりました・・・。


この秋、ニューヨーク運転免許はReal IDとして使えなくなる

最後に、ニューヨーク州で2020年10月から施行される、Real ID免許とそうでない免許についてご説明しておきます。

いまニューヨークのDMVに行くと、「Get a Real ID!」みたいな宣伝チラシや張り紙がたくさん目につくと思います。

このReal IDとは、自分の身分証明書として使える免許証という意味で、具体的には、「空港のセキュリティチェックで使えるID」ということです。

アメリカでは、国内線の飛行機に乗る時にも、身分確認書を見せる必要があり、今まではアメリカの運転免許証を見せればOKでした。

しかし2020年10月からニューヨークでの規制が厳しくなり、免許証は免許証でも、「Real ID」として発行された特別な免許証でないと、空港で身分証として使えなくなってしまいます。

ちなみに今お手持ちの免許証は、2020年9月末まではReal IDとして有効ですが、それ以降は使えず、国内線に乗るためにいちいちパスポートを携帯する必要が出てきます。

まあ、パスポート一つを持って行くくらいなら、そこまで大した手間じゃないので(うっかり忘れて飛行機に乗れなかったら悲劇ですが)、まだ使える免許証をわざわざReal IDに切り替えに行く必要はあまりないと思います。

が、有効期限が切れそうで免許更新するタイミングになったら、「Real IDにしてください」と窓口でお願いするといいと思います。

更新手数料が20ドルくらい値上がりしますが、今後、Real IDでない普通の免許の利用範囲がどんどん狭まる可能性もあるので、Real IDを持っておくに越したことはないと思います。

他州からニューヨーク州へ運転免許切り替え:まとめ

さて、今回の記事も超絶長くなりましたが(笑)、お伝えしたいことはざっくりこの7点です。

  • ニューヨーク運転免許切り替えに必要な書類
  • ニューヨーク運転免許切り替えの手順
  • ニューヨーク運転免許切り替えのトラブル例
  • 悪名高いニューヨークのDMVでも、たまに奇跡が起こることもある
  • ダメ元で交渉してみることはとても大事
  • 2020年10月からはアメリカ国内線にもパスポートが要るから気をつけろ
  • ニューヨーク免許更新では、免許証をReal IDにするのを忘れずに

みなさんが、ニューヨークで少しでもスムーズに運転免許を取れるようお祈りしております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください