海外生活お役立ち

海外赴任のプレゼント8選!女性やママ友が喜ぶものと選ぶコツを駐妻目線で

海外赴任の女性へプレゼント

こんにちは、ニューヨーク駐妻のミイです。

最近、日本にいる友人から、

「今度ママ友のお家が海外赴任に行くんだけど、お餞別のプレゼントは何をあげたらいい?」

という質問を受けました。

  • 海外に住んだことがないので、どういうものが欲しいかわからない
  • できれば海外で手に入りにくい、貴重なものをあげたい
  • 要らないものをあげて、かえって迷惑になってしまわないか心配

と、悩んでいたようだったので、

日本でしか手に入らない、海外赴任者(特に女性)がもらって嬉しいプレゼントを、5年目駐妻の私の独断と偏見で8つ選んでみました!

  • 海外赴任先で実際に役に立つプレゼント
  • 女性目線の、日常生活で使えるプレゼント
  • 海外では手に入らない、日本っぽいプレゼント
  • 意外性があって面白いプレゼント

以上のようなプレゼントを贈りたい方へ、お役に立つ記事となっています。

なお、海外赴任前のプレゼントではなく、実際に海外に会いに行って渡す日本のお土産については、こちらの記事がお役に立てると思います。あわせてご参照ください。

アメリカに住む日本人がもらって本気で嬉しいお土産8選

海外赴任で実用性No.1 和風だしパック

海外赴任先で絶対に役に立つ、とにかく実用性の高いものをプレゼントしたい!ということであれば、一番のオススメは、和風だしパックです。

特に、小さなお子さんのいるママ友へプレゼントする場合、なかなか子連れでは外食もできませんので、日々の料理で使えるだしパックは本当におすすめです。

私も色々試しましたが、久原本家の茅乃舎だしが一番マイルドでどんな料理にも合い、万能です。

ただ、知名度が高すぎて、海外赴任に行かれる本人がすでに買いだめしている場合も考えられるので、こちらの贈答用の「極みだし」を選んでおくと間違いないかなと思います。

極みだしは、普通のだしより良い材料を使っており、かつお節の香りが強めです。

海外赴任者に食品をプレゼントするときに注意したいのが、

赴任先によっては、船便や航空便に食品を入れられない場合もある

ということ。私が赴任したアメリカは、食品を禁止にしている引っ越し会社が多いです(アメリカは輸入規制が厳しいため)。

なので、食品を贈る場合は、「飛行機で手荷物に入れられるくらいの小さめ・軽い・破損や液モレの心配がないもの」を意識すると良いでしょう。


意外で嬉しい食品プレゼント だし醤油セット

和風だしパックはありきたりだし、もっとユニークなものをプレゼントしたい!という方には、自分でだし醤油が作れる容器とかつお節のセットがおすすめです。

これは実際に私の義母がプレゼントしてくれて、5年前から重宝し続けているものです。

このカツオ節入りの容器に市販の醤油を注ぎ、冷蔵庫で2週間寝かせるとだし醤油ができるという優れものです。

空っぽになったらその都度醤油を注ぎ足して、同じかつお節で1年間使うことができます。

なお、かつお節のリフィルも売っていますので、赴任の任期が1年以上の人には、リフィルもセットでプレゼントすると喜ばれると思います。

このセット自体には、醤油は入っていないので、海外に輸送する間に割れて醤油が漏れたり・・・という心配もありません。

実は海外で買えない! ぴったりサイズのバスタオル

「いやいや、私は食べ物じゃなくて、ずっと使ってもらえる日用品をあげたい!」という方には、日本のふわふわのバスタオルをオススメします。

「ええ? バスタオルなんて、要らないプレゼントランキングの筆頭じゃない!?」

と思う方も多いと思いますが、海外に住んでいると、その価値観は180度変わります!

なぜなら、海外(特にアメリカやヨーロッパ)で売っているバスタオルは、とっても巨大で、分厚くて、重くて、乾きにくくて、全然いいところがないのです!(切実)

海外旅行でホテルに泊まると、

「うわっ、バスタオル重っ! 使いにくっ!」

と感じると思うのですが、まさにあんなものしか売っていません。

しかも、海外に住んでいると、洗濯物は干さずに乾燥機にかけるので、今愛用しているバスタオルも、何年か使っているうちに縮んでしまったり、ゴワゴワになってしまったりして、新しいフワフワのタオルが欲しくなります。

なので、日本で買った新品のバスタオルは、長い目で見るととてもありがたいプレゼントなのです。

ただし、これから初めて海外赴任に行かれる方は、まだ海外でのバスタオル事情を知らず、日本のバスタオルの有り難みをわかっていない場合があります。

初めて海外赴任に行く方にバスタオルをプレゼントする際は、

「海外では、日本サイズのふわふわ気持ちいいバスタオルってなかなか手に入らないんだって」

と、補足情報を添えて贈ることをおすすめします。


乳幼児のいるママ友にはこれ! 甚兵衛パジャマ

「いやいや、タオルなんて所帯染みたものじゃなくて、日本ならではの可愛いものをあげたい!」

という方には、甚兵衛をおすすめします。

特に、0〜3歳くらいのお子さんのいるママ友には、子供用の甚兵衛をあげると絶対に喜んでもらえます。

私は息子が生後5ヶ月くらいのときに90cmサイズの甚兵衛をいただき、その年の夏と、次の年の夏に何度も着せました。

子供に甚兵衛を着せて外を歩くと、

「えっ、なにこれ可愛い! どこで買えるの?」

と、現地のアメリカ人からたくさん声をかけられて、会話が弾むことが多かったです。

外であんまり目立ちたくない人も、パジャマとしても使えるので、これから海外に行くお子さんには、一着甚兵衛を用意してまず損はないと思います。

冷えは女性の大敵! シルク腹巻き

「いやいや、子供のいない女性(もしくは大きいお子さんのいる女性)に、ユニークなものをあげたいんだけどー!」

という方には、腹巻きをおすすめします。

海外は、日本に比べて冷房の効きが強いです。真夏にスーパーに買い物に行く時など、

「外は暑いから厚着はできないし、かといってスーパーの中は寒すぎて凍えそう!!」

というジレンマに陥り、何を着ていいかわからなくなります。

そこでお勧めしたいのが、薄手のシルクの腹巻き。通気性がいいので、暑い場所でも蒸れず、寒い場所ではしっかり保温してくれます。

2mmくらいの厚さなので、よっぽどピッタリした服を着ない限り、夏でもアウターに響くことはありません。

ただし、「シルク100%の腹巻き」というのは探そうとすると意外に難しく、私が知っている限りこの下のリンクの美光の腹巻きしかありません。

(正確に言うと、美光の腹巻きもシルク98%、ポリウレタン2%です)

こちら、パッケージが全くイケていませんが、品質は確かで、今まで何度も洗濯しましたが毛玉やほつれなど全く出ません。

私は東京スカイツリー5階の、日本ならではのこだわり品が売っているセレクトショップで買ったのですが、そこでは3000円以上した腹巻が、Amazonだと2000円で売っていて悲しいです(涙)。

なお、とても高額(6600円!)ですが、まかないコスメの炭の腹巻き(同じく東京スカイツリーに店舗があります)も、すごくおすすめです。

私の住んでいるニューヨークの冬は、シルクの腹巻きくらいじゃ太刀打ちできないくらい寒いので、冬は炭の分厚い腹巻き、暖かくなってきたらシルクの腹巻き、と使い分けています。


お洒落なプレゼントなら シャンプーとコンディショナー

実用的かつオシャレなプレゼントをあげたいなら、シャンプーとコンディショナーのセットはかなりポイントが高いです。

特に、アメリカやヨーロッパなど、西洋人が住む地域に赴任に行く人にとって、日本のシャンプーはとても嬉しいプレゼントになります。

なぜなら、西洋人と日本人では髪質は全く違うので、西洋人向けのシャンプーを日本人が使うと、髪がゴワゴワきしみ、モワッと広がってしまうのです。

これは私の行きつけのアトランタの美容院で聞いたのですが、西洋人の髪は細く、量も少ないので、少しでもボリュームを出すために、わざと髪をゴワつかせ、モサッと広げるような成分をシャンプーに入れているそうです。

これでは、サラサラと指通りの良いツヤ髪を目指す日本人女性とはちょうど真逆ですよね・・・。

私はこの話を聞いてから、シャンプーとコンディショナーは高くても日本のものを取り寄せることにしています。船便でのんびり運べば、そこまで送料も取られません。

日本で通っている美容院で実際に髪を洗ってもらった時に気に入った、上記のケアテクトというシリーズを愛用しています。

もし、皆さんも愛用されているちょっと良いシャンプーがあるなら、それをプレゼントすると良いと思います。

ただし、シャンプーは重くかさばるので、貰った側が確実に船便に入れられるよう、海外赴任に行く1ヶ月半前、遅くても1ヶ月前には渡してあげる必要があります。

ママ友・旅行好きさんに コンパクトな折り畳み傘

「えっ!? もう出発まで1ヶ月切っちゃったよ!?」

という方でも、心配はご無用です。赴任直前なら、直前なりの気の利いたプレゼントを用意すればOKです。

手荷物で持って行けるほどコンパクトで、海外では買えなくて、使い勝手のいいもの・・・と考えて、私が一番に思い浮かぶのは、日本の折り畳み傘です。

こちらの超軽量のものは、日本の折り畳み傘の中でも特に小さいので、きっと珍しがって喜んでくれると思います。

「折り畳み傘なんて、大抵の人がすでに持ってるよね? 新しいのをあげる意味ってある?」

と思う方もいらっしゃると思いますが、折り畳み傘って、よっぽどこまめに干して乾かさない限り、骨の部分がだんだん錆びてくるんですよね・・・。

私はアメリカに5年住んでいますが、今まで3回一時帰国して、2回新しい傘を買っています。

アメリカでは、日本と違って雨でも傘をささない人が多く(車社会なので、車に乗り込んでしまえば外を歩かなくて済む)、私も子供が生まれる前まではあまり傘を使いませんでしたが、息子が生まれてからは、風邪を引かさないために傘をこまめに差すようになりました。

なので、お子さんのいるママ友にあげるのにはぴったりだと思います。

また、旅行好きの人や、出張が多い人にも喜んでもらえるプレゼントになります。


海外赴任に行く女性・ママ友におすすめのプレゼント:まとめ

さて、ここまでで、海外赴任に行く予定の女性・ママ友へおすすめのプレゼントを7つご紹介しました。

  • 和風だしパック
  • だし醤油を作る容器&かつお節セット
  • 日本のジャストサイズのバスタオル
  • ママ友の子供に 甚兵衛パジャマ
  • 女性の冷え防止に シルク腹巻き
  • 日本人の髪質に合ったシャンプー&コンディショナー
  • コンパクトな折り畳み傘

初めて海外赴任に行かれる方は、自分でも、海外で何が必要になるかまだピンと来ていない方が多いです。

そこで、プレゼントをあげる側が先回りして、

「ちょっと調べてみたら、これが役に立つらしいよ!」

と情報提供もしてあげると、きっと喜んでもらえると思います。

貰う側が、「うわあ、ありがとう!」と笑顔になれるような、素敵なプレゼントが見つかるといいですね♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください