海外生活お役立ち

アメリカCOSTCOで年会費のもとを取るには?プレミアムと普通会員どちらがお得?

日本でもすっかりお馴染みとなった大型ウェアハウス・クラブ、COSTCO。

利用するには高額な年会費が必要だったり、商品1パックあたりの量が多すぎたりと、使い勝手の悪い点はありますが、上手に活用すれば質の良い商品が安く手に入り、毎日の生活の質とコストを大幅に改善することができます。

この記事では、このCOSTCOの会員になる方法と、損益分岐点(どのくらい買えばお得になるのか)をご紹介します。

  • COSTCOを利用してみたいけど、年会費のもとを取れるか不安な人
  • COSTCOでどんなものがお得なのかピンとこない人
  • 普通会員とプレミアム会員のどちらになるべきか迷っている人

に、オススメの記事となります。

少しでも皆さまのお役に立てれば幸いです!

アメリカCOSTCOの会員登録

まず、そもそもコスコを利用するには、サービスカウンターで会員登録を済ませる必要があります。

コスコのどの店舗でも、必ず入口に会員証カードをチェックするガードマンがいて、その人にカードを見せないと、そもそもお店に入れてもらえません。

ただ、「今日初めてコスコに来て、これから会員登録したい!」という人は、

「This is my first time to COSTCO. I am going to be a member today.(今日初めてコスコに来ました。これからメンバー登録するつもりです)」

とガードマンに伝えると、中に入れてくれます。

COSTCO会員には2種類のタイプがあり、普通会員とプレミアム会員のどちらかを選ぶ必要があります。

年会費 ポイント
普通会員 $60 たまらない
プレミアム会員 $120 2%

プレミアム会員になれば$100につき$2の買い物ポイントが付与されるので、年間$3000(=$250/月)以上をCOSTCOで買い物するなら、プレミアム会員になった方がお得です。

溜めたポイントは、毎年2月ごろにまとめて金券として自宅に郵送されます。

ただし私の経験からすると、最低でも家族が3人以上いないとプレミアム会員のもとを取るのは難しいです。

まず初年は普通会員になって、様子を見ることをおすすめします。

なお、家族の一人が会員になれば、他の家族用に、もう1枚カードを無料で作ることができます。



COSTCOでクレジットカードを作るとお得

会員になると、任意でCostco Anywhere Visa® Cards By Citiというクレジットカードを年会費無料で作ることができます。

このクレジットカードは、

  • アメリカ国内のガソリンスタンドで4%
  • アメリカ国内のレストランで3%
  • COSTCOで2%
  • その他のカード利用で1%

のポイントが付与される優れもので、作っておいてまず損はありません。このポイントも、年に一回、2月に金券として自宅に郵送されてきます。

クレジットカードの裏面には、本人の顔写真が印刷されており、この裏面を見せれば、会員カードの代わりとしてCOSTCOに入店することができます。

なお、同じ住所に住んでいることが証明できる書類(免許証など)をサービスカウンターで提示すれば、他の家族の分のクレジットカードを無料で作ることもできます。

普通会員とプレミアム会員、どちらがお得?

さて、ここまで読んだところで、カンの鋭い方はもうお気づきかと思います。

あれ? クレジットカードに2%のポイントが付くなら、プレミアム会員になるメリットってないよね?

はい、その通りです!(笑)

普通会員(年会費60ドル)になってクレジットカードを作れば、プレミアム会員(年会費120ドル)とほぼ同じ特典を得られます。

強いて言うなら、たまーにプレミアム会員限定の割引をしている商品があることがありますが、それ以外は、全くプレミアム会員になる意味はありません。

なので、プレミアム会員ではなく普通会員になって、クレジットカードを作成するのが一番お得な方法と言えます。

ただし、アメリカでクレジットカードを作るには、高いクレジットヒストリーが必要で、アメリカに来て間もない日本人は申し込みを却下されることがあります。

しかし、カードの申請を却下されたからといって、特に失うものは何もないので、とりあえずダメもとで一度申し込んでみることをオススメします。



プレミアム会員からダウングレードは可能?

ここまでで、「プレミアム会員になるメリットはほとんどない」ということをお伝えしましたが、

そんなこと言われたって、もうプレミアム会員になっちゃったよ!

という方もいらっしゃると思います。実は、私もそうでした(笑)。

でも、ご安心ください! プレミアム会員は、やめようと思えばいつでも、サービスカウンターで普通会員へのダウングレードが可能です。

さらに、ダウングレードした際、活用できなかった分のプレミアム会員費を一部返金してもらえることもあります。

たとえば我が家は、2018年4月にプレミアム会員から普通会員にダウングレードし、なんと$78をその場で現金で返金されました。

どういう返金システムなのか聞いてみましたが、店員さんもよくわかっていないようでした(笑)。

プレミアムと普通の差額は120-60=60ドルのはずなのに、78ドルも返金ってどう考えてもおかしいですが、くれるというものは有難くもらっておくことにしました♪



COSTCOの年会費のもとを取るには

さて、ここからいよいよ、COSTCOで年会費のもとを取る方法についてお話していきます。

まず結論から言ってしまうと、普通会員の年会費$60のもとを取るのは、実は割と簡単です。

中には、「COSTCOで大量の食品を買って、食べきれるか心配・・・」という方もいらっしゃると思います。しかし、そういう方も、消費期限のない日用品なら買いやすいと思います。

COSTCOの価格設定は、AmazonやTargetといった他店と比べて圧倒的に低いので、洗剤、ゴミ袋、サランラップ、トイレットペーパーなどを購入するだけで、一人暮らしでも数か月で年会費を回収することができます(そう言い切れる理由は、次の章でご説明しますね)。

さらに、日用品以外でも、COSTCOで買えるものはたくさんあります。

  • パソコン・タブレット
  • ダイソンのコードレス掃除機
  • ルンバ
  • 象印の炊飯器
  • 自動車部品(タイヤやワイパー)

なども破格で購入できます。買い替えを検討されている方は要チェックです。

また店舗によっては、格安のガソリンスタンドを併設しているコスコもあります。ここでガソリンを補充するようにすれば、かなりの節約になります。(私の家の近くのコスコにはないのが残念です。。。)

このように、様々なものが格安で手に入るコスコですが、唯一の欠点として、「一度に大量に購入して持って帰らなければならない」という点が挙げられます。

これにより、

  • 車で来店する必要がある
  • 家に十分な保管スペースを作らなければならない

という制約が出てきますが、この2つをクリアしているのであれば、COSTCOを利用する価値は十分にあると思います。

もとを取るのに必要な購入量

この章では、具体的に、何をどれくらい買ったら年会費のもとを取れるのか、計算してみます。

下記の表は、誰でも使うような日用品(消費期限がないもの)のCOSTCO価格、他店価格(ほとんどはAmazon)、一人暮らしで使い切る期間の目安、1年使った場合のCOSTCO価格と他店価格の差額をまとめたものです。

商品名 品目 Costco価格 他店価格  使い切る目安 差額/1年
Dawn Advanced Power Dish Soap Liquid, 90 oz 食器洗剤 $8 $15  8ヵ月 $11
Tide HE Liquid Laundry Detergent, Original, 170 oz 洗濯洗剤 $24 $33 4ヵ月 $27
 Brita Monterey Pitcher Advanced Replacement Filters, 10 ct ブリタフィルター $32 $43 20ヵ月 $7
Ziploc, Variety Pack, 347 ct ジップロック $11 $23 4ヵ月 $36
Reynolds Aluminum Wrap Foil, 12″W x 250’L, 2 ct アルミホイル $15 $22  12ヵ月 $7
Kirkland Signature Stretch-Tite Plastic Food Wrap, 11-7/8″L x 750’W, 2 ct サランラップ $10 $16  8ヵ月 $9
Glad 13 Gallon Tall Kitchen Trash Bag, 140 ct キッチンゴミ袋 $15 $26  6ヵ月 $22
Kirkland Signature Facial Tissue, 12 ct ティッシュ $13 $25  6ヵ月 $24
Kirkland Signature Bathroom Tissue, 30 ct  トイレットペーパー $16 $20  6ヵ月 $8
Dove Deep Moisture Bodywash, 3/24 oz  ボディーソープ $15 $22  3ヵ月 $28
Dove Hair Therapy Daily Moisture Shampoo, 40 oz シャンプー $7 $14  2ヵ月 $42
Dove Hair Therapy Daily Moisture Conditioner, 40 oz コンディショナー $7 $14  2ヵ月 $42
Colgate Total Advanced Whitening Toothpaste, 8 oz, 4 ct 歯磨き粉 $13 $17  6ヵ月 $8
合計 $270

この表の通りにCOSTCOで商品を購入し、消費したとすると、他店で購入するよりも年間で$270の得をしたことになり、普通会員の年会費$60を差し引いても$210の節約になります。

さらに上記に加え、食料品やその他雑貨を買ったとすると、その分さらに得をします。

食料品については、オススメの商品とその保存期間、食べ方などを紹介している記事がありますので、よろしければご参考になさってみてください。

アメリカCOSTCO(コストコ)絶対に次も買いたくなるオススメ食品14選

蛇足になりますが、プレミアム会員の損益分岐点は年間購入3000ドルですが、この表の日用品全て1年間買い続けたとしても、それを大幅に下回る424ドルにしかなりません。

つまり、一般の個人がプレミアム会員のもとを取るのは、かなり難しいと言えます。

これで、たとえクレジットカードの申請が却下されたとしても、プレミアム会員にはなるべきではないということがわかると思います。

アメリカCOSTCOで年会費のもとを取るには:まとめ

さて、今回も長い記事になってしまいました。。。ここまで丁寧に読んでくださってありがとうございます!

最後に、アメリカのCOSTCOで年会費のもとを取る方法について、簡単にまとめて終わりにしたいと思います。

  • COSTCOではプレミアム会員ではなく普通会員になるべし
  • COSTCOのクレジットカードは作れるなら作るべし
  • 普通会員の年会費は60ドル
  • 普段使いの日用品を買うだけで、年会費のもとは取れる
  • 一人暮らしでも、COSTCO年会費のもとは十分に取れる

もとを取らなきゃ!と焦らなくても、普通に必要なものを買うだけで、アメリカCOSTCOの年会費は十分にペイオフすることができます。

くれぐれも買いすぎにご注意のうえ(笑)、アメリカならではのダイナミックなお買い物を楽しんでみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください