海外で育児

アメリカのBaby Registryでベビー用品をお得に入手

アメリカで出産・育児をするには、ストローラー(ベビーカー)やカーシート(チャイルドシート)など、事前に準備しなければならないベビー用品が沢山あります。

そんなベビー用品を、割引価格でお得に購入でき、さらに無料のプレゼントまでもらえるおいしい制度が、実はアメリカには存在します。

その制度の名前は、Baby Registry。ベビー用品を売っているお店の店頭や、インターネットのサイトで簡単に登録できます。

この記事では、

  • アメリカのBaby Registryってどんな制度?
  • どうやって登録するの?
  • どんなメリットがあるの?
  • どんなお店で使えるの?

ということについて、ご紹介していきたいと思います。

Baby Registryは日本にはない制度なので、最初に仕組みを理解するまでが少し大変ですが、使い方さえわかってしまえばお得しかない素晴らしい制度です。

この記事で基礎知識を頭に入れて、ぜひBaby Registryを120%活用されてくださいね!

アメリカのBaby Registryってそもそも何?

アメリカのBaby Registryとは、ベビー用品店や大手スーパーなどが、プレママ・プレパパに提供する「ベビー用品の買い物リスト作成サービス」のことです。

そもそもは、Baby Registryとは、以下のことをするためのものでした。

  • 出産までに買い揃えたいベビー用品を、リスト管理できる
  • そのリストを、自分以外の人にも共有できる

そして、このリストサービスにたくさんの人に登録してもらうために、お店側が、

  • ベビー用品が割引きで買える!
  • 無料プレゼントがもらえる!

というお得な特典をつけるようになりました。

ベビー用品を何個もリストを入れてもらって、そのリスト内の商品をすべて買ってもらえたら、お店側にしたらすごい利益になりますよね。

お店側はその利益が欲しいので、お得な特典を付けてプレママ・プレパパを勧誘するんですね。



Baby Registryの登録方法

Baby Registryの登録は、オンラインでごくごく簡単にできます。

自分がよく使うお店のサイトにアクセスして、必要事項(名前、住所、電話番号、出産予定日、赤ちゃんの性別など)を入力するだけです。

登録が済んだら、そのお店のオンラインショップで欲しいものを片っ端から検索し、ウィッシュリストに追加していきます。

そして、欲しいものリストが完成したら、リストの中のベビー用品を、まとめて一括で出産予定日までに購入します。

一旦リストに入れてから購入しないと、割引やキャッシュバックなどの特典を受けられないので注意です。

また、Baby Registryの登録やリスト作成は、オンラインだけでなく、実店舗のサービスカウンターで行うことも可能です。

その場合は、バーコードリーダーのような機械を貸してもらえるので、その機械を持ってお店を見て回ります。

そうしてリストに追加したい商品を見つけたら、その都度バーコードを読み取るだけで、商品をリストに登録することができます。

Baby Registryを使うメリット

さて、Baby Registryの仕組みと登録方法がわかったところで、次は、Baby Registryに登録するとどういうメリットがあるかご説明します。

Baby Registryで得られるメリットは、以下の3つです。

  • 出産前に買うべきベビー用品をリスト管理できる
  • 欲しいものリストを、自分以外と共有できる
  • 割引きやプレゼントなどのお得な特典をもらえる

これから、順番にひとつずつ解説していきますね。

出産前に買うべきベビー用品をリスト管理できる

Baby Registryのリストには、最初は、とにかく気になったベビー用品を片っ端から登録していくことをおすすめします。

たとえば、気になるベビーカーが3つあったとしたら、重複は気にせず、3つともすべてリストに入れてしまいます。

そうして、あらかた欲しいものをリストに入れ終えたら、家でゆっくりリストを見返して、ネットで商品の詳細情報を調べながら、「やっぱりこれは要らないや」というものを間引いていきます。

Baby Registryのリストには、

  • 商品ひとつひとつの値段
  • その商品に割引きクーポンが使えるか
  • リストすべての商品の合計額

などの情報を確認できるので、後からリストを見返して、

「あ、この商品は、他のお店の方が安く売ってる!」

「この商品は割引きされないから、いま急いで買う必要ないな」

「合計額が予算オーバーだから、カーシートはもう少し安いのにしよう」

というような判断ができ、便利です。

特に、他店に行きながらリストを開いて、価格を比べてみることをおすすめします。

Baby Registryリストを自分以外にも共有できる

Baby Registryのリストは、自分だけでなく、家族・親戚・友人とシェアすることができます。

何のためにリストをシェアするのかというと、ずばり、

「欲しいものリストを送っておくから、この中からひとつ贈りたいものを選んで、出産祝いに私にプレゼントしてね」

と意思表示するためです!(笑)

日本人の感覚からすると、「それは、ちょっと図々しいんじゃ・・・」と思ってしまいますが、アメリカではわりと普通なことで、みんなバンバンやっています。

出産のときだけでなく、結婚式の前にも、同じようなリストを参加者全員に送りつけたりします(結婚祝いのプレゼント用に)。

アメリカ人の感覚からすると、「祝われる方は、自分が本当に欲しいものを贈ってもらえてハッピーだし、祝う方も、何を贈ろうかあれこれ悩まずに済むし、とっても効率的だよね!」ということみたいです。

が、さすがの私もこれは「試してみようかな」という気にならず、結局シェア機能は使いませんでした(笑)。

でも、例えば先輩ママが新しく妊娠したお友達に、「私はこんなベビー用品を準備したよ。よかったら参考にしてね」と教えてあげる意味でシェアするのはありかなー?と思います。

割引きやプレゼントなどのお得な特典が付く

さて、お待たせしました。いよいよ、この記事の本題、Baby Registryのお得な特典についてお話ししたいと思います。

まず結論を言ってしまうと、Baby Registryの特典は、お店によって若干内容が異なるので、一概に「これです!」と断言することはできません。

しかし、ほとんどのお店でやっているのが、

  • ベビー用品の割引きクーポン
  • 無料のギフトをプレゼント(ベビー用品や大量のサンプルがタダでもらえる)

の二つです。特に、二つ目の無料ギフト欲しさに、いろいろなお店を回ってBaby Registryをする人がとっても多いです(笑)。

私も、「タダでもらえる物はもらっておきたい!」と思うがめついタイプなので、家の近くのベビー用品を置いているお店4軒を回って、Baby Registryをしてきました。



Baby Registryができる主なショップ

私が実際にBaby Registryを登録したお店は、こちらの4軒でした。

  • Amazon
  • Buy Buy Baby
  • Target
  • Babies”R”Us

このうち、べビザラスは既にアメリカでは潰れてしまいましたので、残りの3店について、それぞれの特典やいい点・悪い点をご紹介します。

Amazonのベビーレジストリー

数あるショップの中から、私がメイン使いのお店として選んだのがAmazonでした。

AmazonのBaby Registry登録ページ

特に、Prime会員に対してサービスが手厚いので、Prime会員の方は絶対にBaby Registryした方がいいです。

Prime会員がAmazonでBaby Registryをするメリット

まずは、AmazonでBaby Registryをするメリットをざっと箇条書きしてみますね。

  • 商品の元値がそもそも他店より安い
  • 品揃えが豊富でレビューも参考になる
  • ベビー用品を15%引きで買える(ただし一回のみ。2回目以降は割引なし)
  • 無料ギフトの中身が豪華(35ドル相当)
  • 購入後、90日以内であれば返品可
  • アマゾンのクレジットカードを作ると、さらに5%オフ

特に、ストローラー(ベビーカー)やカーシート(チャイルドシート)といった大物は、他店はよりも圧倒的に品揃えが豊富で、他店よりも安く買うことができます。

たとえばベビーゲートを例にとると、Buy Buy Babyではそもそも150ドル以上の商品しか置いていませんが、Amazonでは70ドルで買える商品があります(しかも使い勝手も良い)。

Prime会員じゃないとお得にならないの?

Prime会員でない場合は、Baby Registryをするメリットは大きく減ってしまいます。

  • 割引率は15%→10%にダウン
  • 無料ギフト(Welcome Box)はもらえない

しかし、Prime無料お試しキャンペーン(30日間無料)を使えば、30日間は会費なしでPrimeの特典を使えるようになります。

このキャンペーンを使って15%割引と無料ギフトをゲットし、そのあとすぐにPrimeを退会すれば、Prime会員の年会費なしで同等のメリットを得ることができます。

ただし、15%引きクーポンは出産予定日の4週間前にならないと使えず、さらにクーポンを使ってからでないと無料ギフトがもらえないため、

  1. 出産予定日の4週間前にPrime無料お試しキャンペーンに応募する
  2. Baby Registryに登録する
  3. Baby Registryの欲しいものリストを完成させる
  4. リスト内のベビー用品を15%引きで購入
  5. 無料ギフト(Welcome Box)を申請
  6. Amazon Prime解約

以上の6工程を、無料Primeキャンペーンに応募してから30日以内にこなす必要があります。

AmazonでBaby Registryをするデメリット

アマゾンのBaby Registryはお得なことも多いですが、同時に面倒なことも多いので、デメリットについてもお伝えしておきます。

  • 無料ギフトの申請方法が超絶わかりにくい
  • Baby Registryの割引対象ではないアイテムも多数存在する
  • どれが割引適用アイテムか、いちいちチェックするのが少し面倒
  • 実店舗がないので、返品するときは梱包しなおして送り返さなければならない
  • 出産予定日の4週間前まで待たないと15%割引クーポンが使えない

特に、無料ギフト(アマゾンの場合、Baby Welcome Boxという名前)の申請方法は、わざとやっているのかと思うくらいややこしく、サイトの隅から隅までくまなく読まないとわかりません。

しかし、私は妊娠時代、超絶ヒマだったので(笑)、なんとか申請までこぎつけることができました。

こちらの記事でどう申請したらいいかをご紹介しているので、よろしければご一読ください。

アメリカAmazonでベビー用品15%引き、35ドル相当のギフトを貰う方法


Buy Buy Babyのベビーレジストリー

私がアマゾンの次に、Baby Registryをおすすめしたいのが、Buy Buy Babyです。

Buy Buy Baby の Baby Registry登録ページ

Amazonには実店舗がないので、きになるベビー用品を直接手にとって見たいとき、私はいつもBuy Buy Babyに行っていました。

Buy Buy BabyでBaby Registryをするメリットは、下記の通りです。

  • 無料ギフト(Buy Buy BabyではGoody Bagという名前)がもらえる
  • 一度Baby Registryをすると頻繁に20%オフクーポンを郵送してくるようになるので、いつでも何度でも20%引きで買い物できる(ただし、そもそも元値がAmazonより高いことが多いので注意)
  • 姉妹店のBed Bath and Beyondのクーポン券も利用可能
  • 接客が丁寧
  • 他店よりも高級志向
  • Buy Buy Baby のクレジットカードを作ると、さらに5%オフ

そして、デメリットは下記のとおりです。

  • 一部の品物にはクーポン券が使えない
  • クーポン券は、1枚につき1アイテムにしか使えない
  • なんでも高い(ただしものは良い)

自分の子供だけでなく、お友達の出産祝いや誕生日プレゼントを選ぶ時にも役に立つお店なので、Registry登録しておいてまず損はないかと思います。

Targetのベビーレジストリー

Baby Registryを語る上で忘れてはいけない最後のお店が、Targetです。

TargetのBaby Registry登録ページ

Targetは、ベビー用品だけでなく、生活用品・服・食料品など、幅広く何でも売っているお店です。

デパートとスーパーのちょうど中間のような、例えるなら、アメリカ版イオンマートといったところでしょうか。

TargetでBaby Registryをするメリットとしては、

  • 出産予定日の8週間前から、15%の割引を受けられる
  • 15%オフクーポンを、店頭で1回、オンラインで1回、合計2回使える
  • 出産予定日の一年後まで返品可
  • 無料ギフトのWelcome Kitに、スタバのクーポンが入っている
  • Red Cardというクレジットカードを作ると、さらに5%オフ
  • アマゾンと対抗できるくらい価格が安い
  • 普段の買い物(日用品や食料品)のついでにベビー用品も買えて便利

スタバのクーポンがもらえるのはTargetだけなので、それを目当てにレジストリするプレママが多いです。

続いて、Targetのデメリットは、

  • なかなか店員が捕まらず、接客も悪い
  • サービスカウンターがいつも混んでいて待たされる
  • 無料ギフトがずっと品切れのままの店舗がある
  • ベビー用品の品揃えは、アマゾンやBuy Buy Babyには敵わない

実は私はTargetはオンラインでBaby Registryしたのですが、家の近くの店舗に何度行っても無料ギフトが品切れ中で、結局ギフトはもらえませんでした(涙)。

しかし、このお店ひとつで、日常生活で必要なものが一通りそろって便利なので(そして安い)、月に2-3回程度、Red Cardを使ってお得にショッピングしています。

アメリカのBaby Registry:まとめ

さて、ここまでで、

  • アメリカのBaby Registryとは
  • Baby Registryの登録方法
  • Baby Registryを登録するメリット
  • どんなお店でBaby Registryするべきか

という4点についてお話ししました。

アメリカ特有のこの制度を上手に利用して、ベビー用品をお得にゲットしてみてくださいね。

ただし、買いすぎはかえって損なのでくれぐれもご注意を!(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください