駐在中にWEBデザインの習い事詳しくはこちら

アメリカの韓国スーパー Hマートのおすすめ食材

アメリカのHマート食材 スンドゥブのもと
  • URLをコピーしました!

こんにちは、ニューヨーク駐在妻のミイです。

私はアメリカで駐在妻になってからニューヨークとアトランタに住んだことがあるのですが、どちらの地域でもとってもお世話になったのが、韓国スーパーのH martです。

日本スーパーより割安でアジア系食材が手に入るし、魚介の種類も豊富(しかも捌いてくれる!)で、便利なんですよね。

そこでこの記事では、私がHマートで「これ、美味しいから試してみて!」とおすすめしたい食材をご紹介していこうと思います。

目次

アメリカHマートで買えるアジア系野菜

アメリカで和食を作ろうと思うとまず行き詰まるのが、

「使いたい野菜がスーパーに売ってない!」

ということ。

しかもアメリカのスーパーは品揃えが安定していないことが多く、昨日見たはずの野菜が今日は売っていないこともザラです(泣)。

しかしHマートなら、日本人好みの野菜が比較的コンスタントに手に入るのでおすすめです。

  • もやし
  • 万能ネギ
  • 大根
  • かぼちゃ
  • 長芋
  • ごぼう
  • れんこん
  • たけのこ
  • えのき
  • しめじ
  • まいたけ
  • しいたけ

なんかが売っているので、煮物も肉じゃがも日本と遜色ないものが作れますよ。

また、同じHマートでも各店舗によって微妙にバリエーションが変わるので、お目当の野菜が行きつけのHマートになくても、別のHマートで見つけられることがあります。

また残念ながら、

  • 青じそ(大葉)
  • 日本のナス(※中国の長細いナスならある)
  • 長ネギ(※中国の太いネギならあるが、風味が違うのでおすすめしない)
  • にら(韓国料理にたくさん入っているはずなのに、なぜ・・・)
  • 日本のピーマン(緑のパプリカならある)

は、Hマートでは売っているのを見たことがありません。

これらが欲しい場合は、日本スーパーまで足を延ばす必要があります。

なお、大根は、日本と同じ長くて大きいものと、韓国の丸っこい小さなものの両方が売っているのですが、私は韓国の丸っこいものの方が好みで、こっちを買います。

アメリカのHマート食材 大根

日本のものより、甘くて辛味がなく、やわらかいので調理しやすいです。

大きさも手頃なので、食べきれなくなる心配もなく、おすすめです。

下の画像のように、ビニール袋にパッケージされていることもあります。

アメリカのHマート食材 大根

アメリカHマートで買える魚介類

Hマートの魚介で何と言ってもおすすめなのが、こちらの生エビです。

冷凍のエビと比べて甘みと食感が全然違います。

アメリカのHマート食材 エビ

自分で好きな量をビニール袋に入れて買うスタイルなので、魚介カウンターでお店の人にオーダーする手間もはぶけて、英語が苦手な方でも簡単に買うことができます。

有頭と、頭が取ってあるものがあり、有頭の方が少し割安です。

また、こちらのハマグリ(Little Neck Clam)も、酒蒸しやボンゴレパスタにすると美味しいです。

アメリカのHマート食材 アサリ

日本のハマグリは大きければ大きいほど美味しいですが、アメリカのハマグリは大きすぎると身が硬くて美味しくありません。

中くらいの大きさで、ピタッと貝が閉じているものを選ぶと良いです。また砂抜きはされていないので、買ってから自分で砂抜きしましょう。

この他にも、我が家では、

  • タラ
  • さんま
  • 太刀魚

などをよく買います。

野菜の章でご紹介したきのこ類と合わせてオーブンでホイル焼きなどすると、ラクに作れて美味しいですよ。

また、Hマートでは大粒の生ホタテがパックに入って冷蔵庫に並んでいますが、残念ながらこのホタテは私の知る限り美味しくありません。

私はホタテが大好きなので、何度か買ってバター醤油焼きにして食べたことがあるのですが、いつ買っても全く旨みや甘みが感じられず、食感もメリハリがなくグニャッとした感じでかなり残念でした。

おそらく、日本のホタテとは種類が違うのだと思います。

Hマートの魚介は新鮮でサービスも良くて大好きなのですが、ホタテだけは皆さんも注意してくださいね。

アメリカHマートで買えるお肉

アメリカの普通のスーパーでは薄切り肉は売っていませんが、Hマートでは写真のように薄い豚バラ肉が売っています。

アメリカのHマート食材 豚肉薄切り

豚バラ以外にも、豚の赤身の薄切り、牛の薄切りが売っています。

が、これらの薄切り肉の薄さは、なんとHマートの店舗によって違います(笑)。

もし行きつけのHマートの肉の薄さに不満があるなら、他店舗の薄切りを試しに買ってみると、解決することがあります。

また、アメリカの他のスーパーではなかなか売っていない、豚ミンチが手に入るのもHマートの魅力です。

アメリカHマートの火鍋の素

中国の火鍋って、日本でも一時期流行りましたよね。

アメリカのHマートでは、このように、お肉の入った冷凍庫の上に火鍋の素が売られていることが多いです。

アメリカのHマート食材 火鍋のもと

このスープに適当に野菜とお肉を入れるだけで、簡単に美味しい火鍋が作れてしまうので、私は料理が面倒な時によく使います。

マイルドな白いスープと、濃い色の辛いスープがそれぞれ別売りなので 注意してくださいね。

アメリカHマートの冷麺

夏の暑い時期、「今日はどうしてもご飯を作りたくない!!」という日に私がよく作るのが、こちらの冷麺です。

アメリカのHマート食材 冷麺

説明が全て韓国語なので初めて買った時は面食らいましたが、

  • 麺をお湯で30秒茹でる
  • 付属スープに麺を入れる
  • 具を適当に載せる

の3ステップで完成するので、とてもお手軽です。スープは水で割らずにそのまま使います。

おすすめのトッピングとしては、

  • 千切りきゅうり(ごま油と塩で揉んでおくとなお良し)
  • ゆで卵(味付きだとなお良し)
  • キムチ
  • ハム(チャーシューだとなお良し)

こんな感じでしょうか。

なお、ごめんなさい、上の写真の「HAIO」というブランドの冷麺は、実はそこまで美味しくありません。

前にすごく美味しいブランドを見つけたのですが写真を撮るのを忘れてしまい、なんて名前だったかわからなくなってしまいました(涙)。

もし「このブランドが美味しいよ!」という情報をお持ちのかたがいらっしゃいましたら、コメント欄かお問い合わせフォームで教えていただけると嬉しいです。

(「冷麺はこれが美味しいですよ」の一言だけで構いませんので、ぜひ!)

アメリカHマートのスンドゥブチゲの素

私の中で、Hマートといえばスンドゥブチゲは外せない!簡単ですごく美味しいのでおすすめです。

アメリカのHマート食材 スンドゥブのもと

しかもこれ、日本のハウス食品が作っているんですよね。

パッケージの中にお豆腐とスープの両方が入っているので、あとは入れたいトッピングを自分で買い物かごに入れましょう。おすすめは、

  • 万能ネギ
  • にんじん
  • えのき
  • タラ
  • エビ
  • ハマグリ
  • トック

です。魚介をケチらずに入れるとお出汁がおいしいスープになります。

ハマグリを殻ごと入れると、カルシウムがスープに溶けて摂取できるのでお得です。

作り方は、

  1. お鍋にお湯を沸かす
  2. スープの素を入れる
  3. 豆腐を入れる
  4. 好きな具材を入れる
  5. 具材に火が通るまで煮込む

これだけ!すごく簡単で、料理が面倒な日でも簡単に作れます。

辛さは、

  • Plain(辛味ゼロの白いスープ)
  • Medium Hot
  • Hot

の3種類で、ミディアムなら、辛いのがそこまで得意じゃない私でも食べられます。

もし辛すぎて食べられない場合は、10分ほど追加で沸騰させると辛さが飛びます。

アメリカHマートの柚子茶

韓国といえば柚子茶も有名ですよね。このジャムのような柚子茶の素を、お湯に溶かして飲みます。

アメリカのHマート食材 ゆず茶

風邪で食欲がないときや、お友達が遊びに来た時に出すと喜ばれますよ。

しかし瓶が大きいので、一人暮らしの方にはあまり向かないかもしれません。

アメリカHマートのとうもろこし茶

日本では、焼肉屋さんなんかでお水の代わりにとうもろこし茶が出てくることがありますよね。

私はこのとうもろこし茶が大好きで、Hマートで見つけた時は、

「なんと! とうもろこし茶が自宅で飲める!?」

と小躍りしました(笑)。

アメリカのHマート食材 とうもろこし茶

日本スーパーで麦茶を買うより断然安いので、我が家の夏にはこのとうもろこし茶が冷蔵庫に常備されています。

あ、正確に言うと、とうもろこしのひげ茶ですね。香ばしくてクセのない味で、お子様にもおすすめですよ。

アメリカHマートのマッコリ

飲み物つながりで、女性の大好きなマッコリもHマートに売っています。

美味しいし腸活にもなるしで、私も一時期ハマって飲んでいました。

アメリカのHマート食材 マッコリ

色々な大きさのボトルが売っていますが、封を開けるとどんどん発酵が進んで酸っぱくなってしまうので、まずは小さいボトルから試してみるのがいいです。

アメリカHマートのパルメザンチーズ

これ、全く韓国やアジアとは関係がないのですが(笑)、このパルメザンチーズがすごく美味しいので載せておきます。

アメリカのHマート食材 パルメザンチーズ

薄くカットされているため食べやすく、気がつくとどんどん食べ進めてしまって危険です(笑)。

塩分をそこまで気にしないなら、たんぱく質が摂れるのでお子様のおやつにもおすすめです。

アメリカHマートの日本食材

Hマートは、ありがたいことに日本人客もターゲットとして認知してくれているようで、絶対に日本人しか買わないであろう日本食材もある程度置いてくれています。

たとえば、

  • 納豆
  • マルちゃんの焼きそば
  • 糸こんにゃく
  • ヤクルト
  • オタフクのお好みソース

などですね。

マルちゃんの焼きそばは、野菜コーナーにモヤシ、お肉コーナーに豚の薄切りがあるので、Hマートで焼きそば用の食材をまとめ買いすることができて便利です。

アメリカのHマート食材 やきそば

ただし、一度冷凍されているのか、作っている最中にプチプチと麺が切れます。

麺のコシを重視する方には残念ながら不向きですが、私はそこまで気にならないのでよく買います。(だって調理が簡単なんだもの!)

そして、何気にあると助かるのが糸こんにゃく。やっぱり肉じゃがに糸こんにゃくは欠かせませんよね。

アメリカのHマート食材 糸こんにゃく

たまに奮発してすき焼きを作る時も、糸こんにゃくがあるとぐんと再現度が増します。

ちなみに、すき焼きにするなら、Hマートの牛赤身の薄切りではやや役者不足です。日本スーパーまで足を伸ばせるなら、しゃぶしゃぶ用(極薄)のちょっといいお肉を買うといいでしょう。

アメリカHマートのキムチ

韓国といえばキムチ。白ご飯にも合うし、いろんな料理のアクセントにもなって、冷蔵庫にあると便利ですよね。

しかし韓国本場のキムチは、日本のもののようにコッテリ旨み成分が配合されてはおらず、また発酵度も高めで酸味が強いです。

「本場ものだし、きっと美味しいよね!」

と安易に大きいパッケージを買うと痛い目を見ることがあるので注意が必要です。

私も色々試しましたが、下の写真のパッケージのものが瓶も小さめで、美味しくておすすめです。

アメリカのHマート食材 キムチ

オイキムチ(きゅうりのキムチ)やカクテキ(大根のキムチ)は、今の所まだ美味しいものに巡り会えておらず、もっぱら普通の白菜のキムチを買っています。

チヂミにしたり、スンドゥブに入れたり、チゲ鍋うどん(クックパッドで調べたらわりと簡単にできます)の具にするのがおすすめです。

アメリカHマートのベーカリー

Hマートには、大型の店舗であればだいたいベーカリーが併設されています。

日本のパン屋さんとよく似た菓子パンが買えて便利です。

アメリカのHマート食材 ベーカリー

私がよく買うのは、

  • 食パン
  • カレーパン
  • クリームパン
  • チョココロネ

あたりでしょうか。日本のパン屋さんと比べるとかなり割高ではありますが、日本のパンが恋しくなった時はついつい手が伸びてしまいます。

アメリカHマートのおすすめ食材:まとめ

さて、ここまでで、アメリカの韓国系スーパーのHマートについて、おすすめの食材をご紹介しました。

きっとまだまだ美味しいものがあるはずなので、また新たな発掘品を見つけたら追加していこうと思います。

アメリカスーパーよりも欲しい食材が手に入りやすく、また日本スーパーよりも割安&身近なHマートを、ぜひ皆さんもうまく活用してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる